© Copyright 2019 Daisuke Omiya. All rights reserved.

 ダンサー、振付家。16歳でタップダンスを始め、18歳よりNYを拠点に活動。13年伊インターナショ ナル·ダンス·フェスティバルにて日本人初新人振付家として優勝。14年米NYにてジェイディン·ワン·アワード受賞。 16年シバナンダヨガ講師資格取得。 17年ドイツ Internationales Solo Tanz Festival ファイナリスト。帰国後日本を拠点にフリーランスのダンサー・パフォーマーとして、シディ・ラルビ・シェルカウイ、新上裕也、辻本知彦、大植真太郎、柳本雅寛、長谷川寧などの作品に出演。

シディ・ラルビ・シェルカウイ演出・振付『プルートゥ』(2015年、2018年) 

辻本知彦との共作 『美的兄弟』(2016年、2017年)

インバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出・振付『羅生門』(2017年),NHK神戸局『最果タヒ×森山未來 ことばおどる』森山未來に振付(2018年),『天才てれびくんYOU』出演(2019年),舞台に限 らず国内外で数多くの映像作品に出演、田村 祥宏監督作品「Wheelchair Dance」 Braden Lee 監督作品 HWLS「005」 Jacob Krupnick監督作品 Pillar Point 「Dreamin`」

 

Since when he was 18, he has been based in NY and working internationally. In 2013, he became the first Japanese artist to win the Emerging Choreographer Award at the Italian Interna- tional Dance Festival. He was the winner of Jadin Wong Award in 2014. He has been a certified instructor of Sivananda Yoga since 2016. In 2017, he was the finalist at the Internationales Solo Tanz Festival in Germany. Omiya has performed in numer- ous films and videos, including “Wheelchair Dance” directed by Yasuhiro Tamura, HWLS’ “005” directed by Branden Lee, and Piller Point’s “Dreamin’” directed by Jacob Krupnick.